FC2ブログ

新型インフルエンザ対策とは?どんなマスクがいい?何をどれくらい備蓄する?そして、感染したらどうする?いざという時の為の最新情報、最新ニュースまで網羅しています

新型インフルエンザ対策.com
http://newmodelinfluenza.blog54.fc2.com/

新型インフルエンザ予防アニメ




新型インフルエンザ基礎知識

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザの治療法は?

季節性インフルエンザについて

今話題のダチョウ抗体マスク通販

除菌噴霧器セット

  • 除菌噴霧器とは食品工場などの衛生管理現場で使われている除菌水を家庭やお店、病院などで手軽に使えるよう開発された商品です
  • 詳細はこちらより

RSSリンクの表示

ワクチンに関するQ&A

2009/10/19 08:54|ワクチンTB:1
新型インフルエンザのワクチン接種が本日から医療関係者からはじまりますが、色々分からない事が多いです。先日のヤフーニュースにQ&Aという形で報道されていましたのでご紹介いたします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091017-00000556-san-soci


小児以外は1回で効果 新型インフルワクチン接種Q&A
10月17日18時41分配信 産経新聞

 新型インフルエンザの本格的流行を迎え、19日から医療従事者を対象に始められるワクチン接種について、厚生労働省の見解などをもとに注意点をまとめた。

 【Q】ワクチンはどの病院でも接種できるのか

 【A】受託医療機関として国と委託契約を結んだ一般病院などで行われる。接種費用は1回目が3600円、2回目が2550円で自己負担が原則だが、生活保護世帯などは負担が軽減される

 【Q】接種は2回行う必要があるのか

 【A】1カ月程度の間隔をあけて2回接種するのが原則とされていたが、国内産ワクチンの臨床研究の結果、「1回で効果がある」との中間報告が出された。このため小児以外は1回になる可能性が高い

 【Q】優先的に接種を受ける場合の手続きは

 【A】糖尿病やぜんそくなど持病のある人は厚労省が定めた「優先接種対象者証明書」、妊婦は母子健康手帳、小児は健康保険被保険者証などを医療機関に提示する

 【Q】新型インフルエンザ用ワクチンを接種すれば、季節性インフルエンザも予防できるのか

 【A】新型インフルエンザと季節性インフルエンザはウイルスの型が異なるため、季節性用のワクチンが必要。接種の順番は特に決まっていない

 【Q】卵アレルギーがあっても接種して大丈夫か

 【A】ワクチンは鶏卵を使って製造されるため、卵アレルギー患者への影響が懸念される。ただし国内産は卵成分がほぼ除去されているため、ほとんど影響がないとされている


スポンサーサイト



国産ワクチン接種今日から、医療従事者ら

2009/10/19 08:40|ワクチンTB:1
ようやく本日から、医療従事者向けに国産ワクチンの接種がはじまるようですね。まぁ、やっとって感じですよね。それに、さっきニュースでやってましたけど、妊婦や喘息患者の方などは、来月からで、高齢者や子供なんかは、もっと後らしいです。

なんで、そんな時間かかるんだろうっていう素朴な疑問があります。

以下は、ヤフーニュースから


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091019-00000007-jij-pol

国産ワクチン接種開始へ=医療従事者から-新型インフル

 新型インフルエンザ用ワクチンの接種が19日、最優先とされた医療従事者を対象に始まる。準備期間の短さなどから一部で態勢が整わず、厚生労働省によると、同日接種をスタートする都道府県は全体の半数程度という。
 この日接種を受けるのは、インフルエンザ患者の診療に直接当たる医師と救急隊員ら。国内メーカーが製造した118万人分を使用。同省は約2万人を対象に副作用の発生頻度なども調べる。
 

ワクチン接種原則一回で免疫

2009/10/16 21:25|ワクチンTB:1
国産ワクチンの臨床試験の結果、一回の接種で十分な免疫ができる事がわかりました。

 その結果をうけ、厚生労働省が16日開いた新型インフルエンザワクチンについての意見交換会で、国産ワクチンの接種回数を原則1回とする方針で合意し、近く最終決定になるそうです。

これまでは、2回接種の方針でしたが1回の接種で抗体ができる事が分かった為、国産ワクチンを打てる人が増えるようです。

 合意によると、1回接種となるのは医療従事者と1歳未満の乳児の保護者に加え、妊婦、中学・高校生、高齢者で、持病のある人も基本的に1回接種だが、白血病やエイズウイルス(HIV)感染などで免疫状態が悪化している人は、主治医の判断で2回接種もなるそうです。1歳以上13歳未満の子どもは1回接種では十分な免疫が得られない可能性があり、原則的に2回接種となるようです。 

国産ワクチン出荷はじまる

2009/10/09 08:46|ワクチンTB:0
新型インフルエンザの流行が止まらず、5歳の児童が先日も亡くなるなど感染の勢いは衰えませんが、そんな中ようやくワクチンのメーカーから医療機関への出荷がはじまるようです。

まずは、最優先の医療従事者約100万人に、19日から接種が行なわれるようです。
出荷は、国内メーカー4社のうち3社が製造した計118万回分で、15日以降全国の契約医療機関に納入されます。

※(管理人一言コメント)
ようやく始まりますね。まずは、医療従事者からの接種ですので、基礎疾患をお持ちの方や妊婦さんへのワクチン接種は、11月以降でしょうか。
先日、新型インフルエンザに感染した妊婦さんが無事出産したというニュースがありましたが、関係者の方々には、一日も早く行なわれるようお願いいたいところです。 


◆新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」



新型インフルエンザ対策.comのTOPに戻る


ワクチン、国内初の治験開始

2009/09/17 08:42|ワクチンTB:0
 新型インフルエンザワクチンの有効性や安全性を確認する臨床試験(治験)が16日、国内では初めて鹿児島市内の治験専門の医療機関で始まりました。

初日は、治験ボランティアの成人男女25人に接種し、その後19日まで成人計100人を対象に効果を確認します。

 ワクチンはスイスの大手製薬企業「ノバルティス」が製造し、日本法人「ノバルティスファーマ」(東京都港区)が治験を行います。

 治験ボランティア100人は一度目の接種を終えた後、3週間後にもう一度接種し、抗体ができたかどうか血液を調べます。成人の安全性が確認されれば、10月から生後6か月~19歳の120人を対象に治験を実施し、12月にはすべての治験を終える予定だという事です。18日からは大阪市の医療機関でも成人への接種を始めます。

同社のワクチンの治験は、すでに英国で18~50歳の100人を対象にして行われており、1回の接種でも80%に効果があったとされています。

※(管理人一言コメント)
 いよいよ治験がスタートしたという事ですが、まず治験専門の医療機関があるという事を初めて知りました。治験ボランティアというものが、あるのは知っていまいたが。

ボランティアといっても、けっこういい報酬があるらしいですけどね。この治験だったら、僕も行きたかったですね。どうゆう風に募集しているんでしょうね・・。

1回の接種で、抗体ができるというニュースもありましたけど、今後2回接種は変わらないんでしょうか。


◆新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」



新型インフルエンザ対策.comのTOPに戻る


ワクチン接種、費用を一律に

2009/09/11 11:46|ワクチンTB:0
 新型インフルエンザワクチンの予防接種について、厚生労働省は、接種対象者から徴収する費用を全国一律にする方針を固めました。季節性インフルエンザ等、予防接種は保険診療ではないため、費用が医療機関ごとに異なりますが、接種機会を均等にするため、統一することにしたそうです。

 厚労省が接種を行う医療機関と結ぶ委託契約に金額を盛り込む方向で検討しており、独占禁止法などに配慮しながら、9月中に契約内容を固めます。

 ワクチン接種は、ポリオや結核など国が勧奨する疾病は公費負担で無料ですが、それ以外は自己負担になっており、ワクチン代や診察・注射の技術料はメーカーや医療機関が原則自由に設定できるため、季節性インフルエンザの場合は1回2000~5000円程度のばらつきがあるとされ、予防接種法に基づく65歳以上の定期接種でも市町村間などで費用が異なります。

 これに対し、自治体からは「新型インフルエンザワクチンは、全国一律の費用で接種できるよう国が調整してほしい」との要望が出ていて、それに厚労省が答える形で一律化がはかられるようです。

  最終的な自己負担額は「検討中」としているが、季節性のワクチンよりやや高い1回3000~4000円程度となる見込みで、生活保護世帯など低所得者には負担軽減策が取られます。厚労省は10月下旬~2010年3月の間に1人2回、計約5400万人に接種できる体制を整えるとしています。

※(管理人一言コメント)
 これだけ、国民全体が警戒している新型インフルエンザですから、ワクチンの接種費用が全国一律になるのは、いい事ですね。季節性のインフルエンザのように、ばらつきがあると安い医療機関に偏った形になり、混乱の原因になりかねないですから、どこで接種しても同じ料金であるという事が大切でしょうね。


◆新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」



新型インフルエンザ対策.comのTOPに戻る



ワクチン接種、自治体から不満

2009/09/09 09:15|ワクチンTB:0
 厚生労働省が8日、自治体の担当者を集めた会議で概要を示した新型インフルエンザワクチン接種ですが、国産ワクチンの供給開始まで約1カ月半と時間が差し迫っている今でさえ、概要は費用負担など具体性に乏しく、自治体からは「これでは帰って説明できない」「低所得者の接種費用は誰が負担するのか」といった不満や不安の声が相次いでいます。

 「財政力の差によって不利益が生じるような制度設計にはしないでほしい」。会議の終わりの質疑応答で神奈川県の担当者はこう訴えていて、多くの自治体の不満は、厚労省が軽減策を検討している低所得者の接種費用の負担についてです。

 東北のある中核市の担当者は「財政難の中、市町村が負担する事態だけはやめてほしい」と本音を漏らしています。新潟県の担当者は「今日の会議でさまざまなことが決まると聞いていたが、肝心な点が示されなかった。接種開始まで1カ月ちょっと。市町村にどう説明したらいいのか」と憤っています。

 接種の優先対象者についても「線引きが曖昧(あいまい)だ」という指摘がされていて、関東圏の自治体の担当者は「持病のある人といっても、どの程度までが接種対象者となるのか明確でない。医療機関の混乱が予想される」と懸念しています。

 茨城県保健予防課の担当者は「国の医療費抑制政策で疲弊した医療機関は、少しでも負荷がかかるとパンクしてしまう。新型インフルをきっかけに国は医療の在り方全般を考えてほしい」と注文を付けています。

※(管理人一言コメント)
 これは、政権交代による政治の空白が曖昧な政策になっているのではないでしょうか?!民主党は、新型インフルエンザ対策を今から厚労省と打ち合わせをするべきだと思います。

ワクチン接種に関して、コロコロ方針が変わりすぎることが混乱を象徴していますね。優先順位が今ごろになってやっと決まっていることや、費用が国がもつというとこから、自己負担に変わった点などもっと政治が責任をもってやってほしいです。


◆新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」



新型インフルエンザ対策.comのTOPに戻る



ワクチン接種、医療機関を限定

2009/09/07 13:03|ワクチンTB:0
 厚生労働省は6日、新型インフルエンザワクチンの接種を、国と委託契約を結んだ医療機関に限って行う方針を固めました。

 対象の医療機関は市町村や地域の医師会が選びますが、供給量に限りがある国産ワクチンを、最優先接種者から順に、適切に接種していく必要があるため、当面は医療機関を限定する必要があると判断したようです。

 最優先の接種対象者は、医療従事者、糖尿病やぜんそくなどの持病のある人や妊婦、1歳~就学前の小児、1歳未満の乳児の両親を合わせた1900万人。

 ワクチン輸入も計画されているが、供給は12月下旬以降の見通しで、国産は早ければ10月下旬から出荷されるが、年内の生産量は最大1700万人分しかありません。

 持病がある人のかかりつけが対象外となった場合、主治医から「優先接種対象者証明書」を発行してもらい、国と委託契約した医療機関で接種を受けることになり、方針案は8日の都道府県担当課長会議に提示されます。

※(管理人一言コメント)
 医療機関を限定するという事は、しょうがないかもしれないですが、患者さんにとっては二度手間ですね。かかりつけの医療機関が指定されればいいですけど。

ここで心配なのは、糖尿病であると診断されている患者さんはいいとして、糖尿病である事を診断されていない、気づいていない方は、自分が新型インフルエンザに感染すると危ないっていう感覚がないと思うので。

新型で亡くなって気づく・・みたいなことにならないように願ってます。


◆新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」



新型インフルエンザ対策.comのTOPに戻る


ワクチン接種、「妊婦」「6歳未満の小児」優先

2009/08/28 09:15|ワクチンTB:0
 新型インフルエンザのワクチン接種について、「持病のある人」「妊婦」「6歳未満の小児」「患者を診察する医療従事者」を優先する方向が、厚生労働省が27日に開いた専門家や薬害被害者団体などとの会合で固まったという事です。厚労省はこれらの対象者に、安全面での懸念が少ない国内産ワクチンを優先的に使う方針です。

 会合では「感染者の多い10代」や「高齢者」についても、優先接種の是非が議論になったが、意見はまとまらず、社会混乱を懸念する立場から「(10代でも)受験生は優先すべきだ」という意見も出され、今後の検討課題とされています。

 厚労省は今後、政府の新型インフルエンザ対策本部専門家諮問委員会の検討を経て、9月中に優先順位を決定します。

 年内に国内製造されるワクチンは1300万~1700万人分で、厚労省は持病のある人が1千万人▽妊婦が100万人▽1~6歳児が600万人▽医療従事者が100万人-と試算しており、計1800万人で、仮に全員が接種したら、国内製造分がすべて使われる計算になります。

 この日の会合には、重症化のリスクが高いとされる15の医学会の代表者などが参加し、小児科学会は「0歳児の保護者も最優先すべきだ」と要望。日本老年医学会も「持病がある高齢者の治療に当たる医療関係者が感染すればインフルエンザ以外で死者が増える」と訴えました。

 また、舛添要一厚労相は同日、各都道府県を通じて入院診察を行う医療機関のベッド数など医療体制の調査を実施する方針を表明しました。調査と同時に、医療機関での夜間診療時間の延長など、医療体制のさらなる強化を都道府県に求めるそうです。

※(管理人一言コメント)
 優先順位に関しては、ある程度納得できる結果にはなると思いますが、その他の厚労省の対応については、明らかに後手を踏んでいる感が否めません。

医療体制の調査を実施って・・・今ごろ??って感じですよね?そして先日、大型の補正予算が組まれましたが、小児の人口呼吸器など「今」必要なものにどれだけ割り当てられているのかという疑問がたくさんありますね。


◆新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」



新型インフルエンザ対策.comのTOPに戻る

新型ワクチン生産対応で新事業所建設へ

2009/06/09 09:00|ワクチンTB:0
 ワクチンの開発・生産を行っている財団法人「阪大微生物病研究会」(本部・大阪府吹田市)は8日、香川県観音寺市に、細胞培養方式による新型インフルエンザ対応のワクチン製造のための新しい開発研究と生産の拠点事業所「観音寺研究所瀬戸センター」を建設すると発表しました。同日、同研究会の東雍理事長らが香川県庁を訪れ、真鍋武紀知事に計画概要を報告しました。

 同研究会によると、新事業所は、同研究会の観音寺研究所(同市八幡町)に近い同市瀬戸町に建設し、細胞培養技術を用いたワクチンの開発・研究と生産を行うという事です。

今年9月から平成23年まで3年をかけ、用地やパイロットプラントなどを整備し、その後、生産施設を中心とした工事に着手し、平成25年4月の稼働を目指しているという事です。

 新事業所では、従来の鶏卵を用いた生産方式ではなく、細胞培養による方式でワクチンを生産。半年で総人口の2分の1にあたる6千万人分のワクチンの生産が可能で、短期間で大量のワクチンが必要となるパンデミック(世界的流行)時にも対応ができるということです。

※(管理人一言コメント)
 こうゆう施設が出来て、生産能力が向上するのはいいんですけど、稼動が平成25年ですか・・・まぁないよりはいいんでしょうけど、なんか微妙な感じですね。

今、建設が決まったのは、背景に世界同時不況による政府の補正予算があってのことなんだと思います。今回の新型インフルエンザの流行があってから、こうゆう施設ができるというのは、いかにも後手に回ったという感が否めない印象もあります。


◆新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」



新型インフルエンザ対策.comのTOPに戻る

新型ワクチン、年内に2千万人分製造・・厚労省方針

2009/06/05 08:50|ワクチンTB:0
 厚生労働省は4日、年内に2000万人分の新型インフルエンザ用ワクチンを製造する方針を固めました。

米国から入手したウイルス株を、近くワクチンメーカーに配布します。メーカー側は7月上旬にも製造を開始し、11月ごろからワクチンの接種が可能になる見通しです。

しかし、国内のワクチンメーカーは4社しかなく、製造量に限りがあります。新型用ワクチンを製造するには、季節性インフルエンザ用ワクチンの製造設備を切り替える必要があり、厚労省が新型用と季節性用のワクチン製造割合を検討していました。

 毎年1500万人程度が感染する季節性インフルエンザ用ワクチンは、「今月中に3000万~4000万人分を確保できる見通し」(厚労省幹部)とされていて、例年の製造量(約5000万人分)よりは少ないものの、同省は一定量は確保できたと判断し、新型用ワクチンの製造に切り替えることにしました。

新型用として2000万人分のワクチンがあれば、国民の6人に1人が接種できます。厚労省は持病があるなど、感染した場合、重症化しやすく、優先的なワクチン接種が必要な人には十分行き渡ると見ています。

新型インフルエンザ用ワクチンは、季節性用ワクチンと併用しても害はないとされています。

※(管理人一言コメント)
 厚労省は、季節性と新型ワクチンの製造割合をWHOの見解を待つというスタンスでしたが、これは自ら割合いを決めたという事なのでしょうか。 新型に切り替えることによって、季節性のワクチンも無制限に接種を行なうのではなく、重症化しやすい糖尿病患者などに優先的に接種できるような仕組みにする事が必要ではないでしょうか?


◆新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」



新型インフルエンザ対策.comのTOPに戻る

ワクチン株、6月10日頃各メーカーに

2009/06/05 08:29|ワクチンTB:0
 舛添要一厚生労働大臣は6月4日の参院厚生労働委員会で、新型インフルエンザのワクチンについて、6月10日前後に候補株を各メーカーに分与する考えを示しました。

 舛添厚労相は、5月30日にオーストラリアから、6月2日に米国からそれぞれ届いたワクチン候補株を国立感染症研究所で培養しているとし、「10日前後に国立感染症研究所からメーカーの方に分けたい」と述べており、新型と季節性の配合比率については、「WHO(世界保健機関)の判断を待っている」とし、「おそらく10日前後にWHOの一つの判断が下されると思っている」との認識を示しました。

 また、厚労省の上田博三健康局長は接種の時期について、「ワクチンの生産を7月から開始すると、8月には試験接種が可能」とし、生産量と安全性を確保した「商業ベースでかなりのボリュームで打てるのは、10月かと考えている」と述べましあた。

 その後、厚労省は記者会見を開き、詳細について説明しましたが、それによると、2日に米国から届いた候補株は、米国疾病対策センター(CDC)からのものと、ニューヨークメディカルカレッジからのものの2つです。

5月2日にCDCから受け取った野生株も培養中で、豪州から受け取った株も含め、ワクチン候補株は4つあり、6月10日前後にメーカーに候補株を送付した後、それぞれについて感染研と各メーカーが性状を確認し、日本としての最終的な候補株1つを決定するという事です。

※(管理人一言コメント)
 やっとワクチン製造のめどが見えてきましたね。懸念されている秋冬の流行にむけて、一日でも早く一般の我々がワクチン接種できるようになるといいですね。


◆新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」



新型インフルエンザ対策.comのTOPに戻る

ワクチン製造、6月中旬開始

2009/05/14 10:07|ワクチンTB:0
 世界保健機関(WHO)の緊急委員会委員を務める田代眞人国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センター長は12日、都内で記者会見し、新型のワクチン株を2種類の方法で開発しており、6月中旬には,新型インフルエンザワクチンを製造を始められる状況になるとの見通しを示しました。

 現在、米国から送られたウイルスから、従来の有精卵で増やす方法と、新たな遺伝子技術を用いてつくる方法の両方でワクチンのもととなる株を開発中ということで、「うまくいけば2週間程度でできる。安全性などを調べ、6月初めか中旬にはメーカーに渡せる」としています。

 ただし製造能力には限りがあり、既に製造が始まっている通常のインフルエンザ用ワクチンから切り替えるか、一部を振り返るかの見極めは困難で、14日にWHOが各国の専門家の意見を聴く電話会議を開くということです。

 一方、WHOの警戒水準について「北米以外で広がりがあればフェーズ6(世界的大流行)への引き上げもあり得るが、機械的にやれば誤解も招く」と指摘し、地理的広がりだけで決まるフェーズとは別に、健康被害の程度などを指標とする新たな分類を検討していることを明らかにしています。

※(管理人一言コメント)
 新型インフルエンザのワクチンが6月中旬から製造可能になるという事で、いいニュースなのですが、季節性のインフルエンザワクチンとの製造割合をどうするか、という課題があるようですね。

ワクチンの製造能力は、すぐには拡大できるものではないと思うので難しい課題ですが・各国それぞれが、独自に割合を決めるのではなく、WHOが中心となり指針を示し、世界中で補いあうのがいいのではないでしょうか。


◆新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」



新型インフルエンザ対策.com


 

経鼻ワクチン

2008/12/14 11:18|ワクチンTB:0
経鼻ワクチン

鼻の中にシュッとひと吹きしてインフルエンザの感染を防ぐワクチンの開発を、国立感染症研究所の長谷川秀樹・感染病理部室長らのグループが進めているそうです。

 注射と違って痛みがないため子どもにも投与しやすく、現在のワクチンが、流行するウイルスの型と合致しないと効果が出ないのに対し、このワクチンは別の型にも効果があることを動物実験で確認され、新型インフルエンザにも使えそうだという。二〇〇九年の臨床試験を目指しているそうです。

 現在のインフルエンザワクチンは、皮下に注射し血液中の抗体を増やす仕組みで、発症や重症化は防げるが感染は完全には防げません。

これに対し開発中の経鼻ワクチンは、鼻やのどをはじめとする全身の粘膜で、従来ワクチンとは違う種類の「IgA」と呼ばれる抗体を分泌させ、感染自体を予防できるのが強みだ。

 ただこのワクチンは、原料のウイルスだけでは効き目が不十分で、免疫を増強するアジュバントと呼ばれる物質が必要。

長谷川さんらはこの問題を、ウイルスが体内に侵入する際に免疫応答のシグナルとして働く二本鎖RNA(リボ核酸)を添加することで解決しました。

 経鼻ワクチンをマウスに投与し、その後ウイルスを感染させたところ、IgA抗体が分泌されるとともにウイルスは検出されず、ワクチンの効果が確認できたそうです。

 通常のインフルエンザではなく、新型インフルエンザへの変異が心配されているH5N1型のウイルスを感染させる実験でも、経鼻ワクチン投与マウスは、ワクチンを注射したマウスやワクチンなしのマウスより生存率が高かったそうです。

 長谷川さんは「インフルエンザワクチンといえば鼻、という時代が来れば」と話している。

経鼻ワクチンは、米国ではインフルエンザ予防に承認済みだが、日本で開発中のものとは違う生ワクチンタイプ。五~四十九歳の健康な人が対象で、小児や高齢者は対象外。

※現在行なわれている、インフルエンザ予防接種は、副作用や特定の疾患がある人は接種できなかったりと問題もありますが、この経鼻ワクチンは、副作用もなく特定の疾患がある方でも投与できるのではないかと言われています。

■まとめ

  • 注射と違い痛みがなく、子供にも投与しやすい

  • インフルエンザの型の違いに関係なく効果があり、新型インフルエンザにも期待大

  • 現在2009年の臨床試験を目指している



■関連ニュース

■その他、治療法

■新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」


新型インフルエンザ対策.comのTOPに戻る


 

プレパンデミックワクチン(H5N1型鳥インフルエンザ)

2008/12/10 23:26|ワクチンTB:0
新型インフルエンザ用のワクチンは、新型インフルエンザウイルスが発生しないと製造することができません。現時点では、新型インフルエンザウイルスが存在しないため、>ワクチンもありません。

しかし、日本を含む先進工業国では、これまでの鳥からヒトへ感染した事例から分離されたウイルスを元にワクチン用に開発された種ウイルスから、A/H5N1亜型のインフルエンザウイルスに対するワクチンを開発しています。

平成18年から19年にかけて臨床試験が行われており、平成19年度に認可申請が予定されています。ただし、このワクチンはベトナムで流行したA/H5N1亜型のウイルスをもとに作成されており、現在のA/H5N1亜型からパンデミックが発生したとしても、そのときには抗原性は変化していることが考えられるため、パンデミックとなったときのウイルスに効果があるかどうかはわかりません。

したがって、このワクチンは「プレパンデミックワクチン」という位置づけになり、新型インフルエンザ用のワクチンではありません。分かりやすく言うと、流行前ワクチンとでも言うのでしょうか。

実際にはパンデミックになった際に、そのときのウイルスを使用して製造される「パンデミックワクチン」が必要となります。

しかしながら、パンデミックワクチンはあくまでパンデミックが発生してからでないと製造できませんし、その製造には、ウイルスが発見されてから少なくとも6カ月間かかります。このため、最初のパンデミック第一波には間に合わないので、状況によっては、少なくとも基礎免疫をつけることができる「プレパンデミックワクチン」を接種することも考えられています。

厚労省は世界に先駆け、医師や空港の検疫官らおよそ6400人の希望者を募り、プレパンデミックワクチンの臨床実験を開始しました。

しかし、日本国内でのワクチン増量を訴え続けている国立感染症研究所 岡田晴恵先生は、「まだ対応が足りない」と警鐘を鳴らしています。

というのも、日本の現在の備蓄予定量は、2000万人分。(1000万人分の増加は決定されている)国民全員分(1億3000万人分)まで、まだまだ足りないという現状です・・。



■まとめ

  • 新型インフルエンザワクチンは、新型インフルエンザが発生しないと作れません

  • 鳥から人へと感染した、鳥インフルエンザウイルスを元に作られたのが、プレパンデミックワクチン

  • 実際の新型インフルエンザに対して効果があるか分かりませんが、基礎的免疫をつける効果はあると考えられます

  • まだ2000万人分の備蓄しかありません



■関連ニュース

■その他、治療法

■新型インフルエンザ対策マスク

マスク激安通販サイト

マスク通販「子供用、まとめ買いまで即納対応いたします」


新型インフルエンザ対策.comのTOPに戻る



インフォメーション

発熱など、新型インフルエンザを疑われる症状がある方は、直接病院には行かず、保健所等で発熱相談を行なってください

新型インフルエンザに関するニュース

感染者数感染者数11週連続増加(9/26)
7歳男児死亡7歳男児死亡、インフルエンザ脳症(9/23)
ワクチン治験ワクチン、国内初の治験開始(9/17)
ワクチン承認アメリカFDAがワクチンを承認(9/16)
基礎疾患なしの女性死亡24歳の基礎疾患なしの女性が死亡、沖縄県(9/15)
ペラミビル抗インフルエンザ新薬「ペラミビル」タミフル5日分の効果(9/15)
タミフル耐性ウイルスアメリカでタミフル耐性ウイルスが、人から人への初の感染確認(9/13)
ワクチン接種費用ワクチン接種、費用を全国一律に
持病なしの男性死亡持病なしの45歳男性死亡(9/10)
感染者自宅待機感染者の自宅待機者に賃金保障する企業は3割(9/9)
ワクチン接種ワクチン接種、自治体に不満(9/9)
タミフル中外製薬、例年の3倍1200万人分のタミフル供給(9/7)
ワクチン接種ワクチン接種、医療機関を限定(9/7)
タミフル新型インフルエンザで亡くなった40代保健師、タミフル服用せず(9/4)
山P新型感染NEWSの山下智久と錦戸亮が新型インフルエンザ感染(9/1)
タミフル耐性「タミフルが効かない」タミフル耐性をもつウイルスを確認(8/30)
タミフル、ガイドライン感染研、新型の抗ウイルス薬のガイドラインを公表(8/28)
感染率14倍新型インフルエンザ感染率、子供は高齢者の14倍(8/28)
ワクチン優先順位ワクチン接種、「妊婦」「6歳未満の小児」を優先(8/26)
国内4人目の死者新型インフルエンザ、国内4人目の死者(8/26)
集団感染新型インフルエンザ、集団感染新たに794件発生(8/25)
沖縄で大流行新型インフルエンザ、沖縄で大流行のなぜ?(8/25)
パンデミックインフルエンザ脳症で注意呼びかけを!小児学会が厚労省に要望(8/24)
看護師6人集団感染新型インフルエンザ、京大病院で看護師6人が集団感染(8/24)
東京、集団感染東京都立50校で集団感染・・部活動等で(8/24)
インフルエンザ脳症新型インフルエンザ、小児科に患者殺到(8/24)
パンデミック早くも学級閉鎖相次ぐ・・北海道、岩手(8/22)
パンデミック新型インフルエンザウイルス、人から鳥への感染確認(8/22)
子供の重症化、ぜんそく新型インフルエンザ感染の子供、重症化相次ぐ(8/21)
子供、重症化女性研修医が新型インフルエンザ感染、さいたま市立病院(6/23)
子供、重症化新型インフルエンザで新指針、厚労省(6/20)
ウイルス一部変異新型インフルエンザ、ウイルスに一部変異が東大医科研によって確認される(6/15)
フェーズ6WHOフェーズ6に引き上げを宣言、41年ぶり・・重症度を表す金基準は「中度」(6/12)
PCR検査強化厚労省、遺伝子(PCR)検査を強化指示(6/11)
新型インフルエンザ簡易検査法新型インフルエンザ簡易検査法を確立、理化学研究所(6/11)
フェーズ引き上げフェーズ5から6への引き上げを示唆、WHO(6/10)
新型ワクチン新型ワクチン生産対応で新事業所建設へ(6/9)
福岡、新型インフルエンザ福岡でさらに11人感染確認、発熱外来増設へ(6/8)
福岡、集団感染福岡で集団感染か?!中一男子が感染確認、同校8人も発熱症状(6/7)
麻生総理出演のCM麻生総理出演の新型インフルエンザCMの制作費に2億8783万円(6/5)
新型ワクチン新型ワクチン、年内に2千万人分製造・・厚労省方針(6/5)
ワクチン株ワクチン株、6月10日頃各メーカーに(6/5)
アメリカでの死亡者20人新型インフルエンザ、アメリカでの死亡者20人に達する(6/4)
中国で感染拡大中国で感染拡大、国内での感染も(6/4)
関東で集団感染関東でも集団感染、結婚披露宴で(6/4)
全米で1万人突破全米で感染者1万人突破、新たに死亡者2人も(6/2)
愛知県で初感染愛知県で初感染、40代の主婦(6/1)
新潟県で初感染新潟県で初感染、米国から帰国の女子大生(5/31)
千葉県で初感染千葉県で初感染、成田空港内の飲食店の女性従業員(5/30)
国内流行新型インフルエンザ、4月にすでに国内で流行していた?!(5/30)
和歌山で初感染和歌山県で初感染、感染者361人に(5/27)
静岡で初感染静岡で初感染、7歳の男児(5/26)
岡田JAPAN岡田JAPAN、新型インフルエンザ対策に追われる・・サッカー日本代表(5/26)
福岡で初感染九州で初感染、福岡に滞在中の米国人男性(5/25)
治療薬国産インフルエンザ治療薬、製薬各社開発急ぐ(5/25)
感染した高校生感染した高校生と家族の一週間(5/25)
院内感染防止新型インフルエンザ、妊婦や糖尿病患者の対策進む(5/24)
機内検疫中止機内検疫中止へ、地域別に柔軟に対応(5/22)
埼玉で渡航暦なしの初感染埼玉県の男性、関西旅行後に発症・・関東地方で渡航暦なしの初感染(5/22)
京都初感染京都で初感染、東京都でも2例目の感染者(5/21)
追跡調査感染の女子高生と同便で帰国の17人追跡調査(5/21)
東京、川崎初感染東京、川崎で初の感染確認・・二人は同じ高校の女子高生(5/20)
都内初感染新型インフルエンザ、東京都内で初の感染者は渡航暦のある女子高生(5/20)
押谷教授「季節性インフルエンザと同じではない」・・東北大押谷教授(5/20)
滋賀で初感染新型インフルエンザ、滋賀県で初の感染者・・そして、医療関係者も初感染(5/20)
ワクチン新型インフルエンザワクチン、早くても7月中旬以降に(5/19)
診察受け入れ一般医療機関でも診察受け入れ、神戸医師会(5/19)
休校措置休校措置の中高生、自宅待機徹底されず(5/19)
ドクターは戦場にいるような状態新型インフルエンザ感染拡大で「ドクターは戦場にいるような状態」(5/19)
ワクチン製造に成功新型インフルエンザ、韓国がワクチン製造に成功か(5/18)
インドで初の感染者新型インフルエンザ、インドで初の感染者(5/17)
パンデミック新型インフルエンザ感染者、すでに1000人規模か・・・田代真人氏(5/17)
感染拡大期新型インフルエンザ、感染者の追跡調査できなければ「感染拡大期」突入へ(5/17)
感染拡大新型インフルエンザ、大阪の高校生9人の感染を確認(5/17)
パンデミック新型インフルエンザ、神戸で新たに5人感染、計8人(5/16)
神戸、計3人感染新型インフルエンザ、神戸でさらに2人感染確認、計3人に(5/16)
再生産数新型インフルエンザ、感染者1人がうつす人数(再生産数)最大で3.1人(5/16)
舛添厚労相が緊急会見新型インフルエンザ国内初感染で舛添厚労相が緊急会見(5/16)
神戸市神戸市、全校休校にお祭りも中止(5/16)
国内初感染新型インフルエンザ、神戸の男子高校生が初感染か?!(5/16)
フェーズ6フェーズ6に引き上げにはEU各国反対・・WHOは慎重な対応(5/15)
停留措置解除新型インフルエンザで47人の停留措置解除(5/15)
ワクチン製造ワクチン製造、6月中旬より可能に(5/14)
タイで初感染者新型インフルエンザ、感染者6000人超、タイでも初感染者(5/13)
チャリティーTシャツチャリティーTシャツで新型インフルエンザに立ち向かえ(5/13)
新型インフルエンザ致死率新型インフルエンザ致死率0.4%(5/12)
加湿機能付空気清浄機新型インフルエンザ対策で、空気清浄機2.7倍の販売額(5/12)
客室乗務員のマスク着用客室乗務員のマスク着用、米、カナダ、ブラジル線も(5/11)
中国で初の感染者中国で初の新型インフルエンザ感染者(5/11)

鳥インフルエンザ発生、感染情報

埋立て処分された鳥インフルエンザ感染鳥のウイルスが2年間生き延びる(6/11)
ダイキンダイキンの空気清浄機、鳥インフルエンザウイルスを分解
鳥インフルエンザ中国で野鳥121羽死亡、鳥インフルエンザの感染確認(5/27)
鳥インフル対策中国都市部、生きた鳥などの売買禁止へ・・鳥インフル対策(5/27)
フランスで鳥インフルエンザ、鳥肉など輸入停止(2/4)
<鳥インフル>死者5人目、18歳男性が死亡―中国広西チワン族自治区(1/27)
<鳥インフル>今年初の死者、累計では115人-インドネシア(1/26)
鳥インフルエンザに感染、27歳女性死亡…中国・山東省(1/19)
2歳女児が鳥インフルエンザに感染し重体―山西省(1/19)
エジプトで52人目の鳥インフル患者、1歳9カ月女児(1/13)
ベトナム、中国より密輸のニワトリから鳥インフルエンザ検出(1/13)
北朝鮮が国際機関と鳥インフル予防協力強化(1/13)
鳥インフル拡大中、人から人感染リスク増大―中国専門家(1/9)
人口密集地の鳥糞を清掃人口密集地の鳥糞を清掃・消毒、ゴミ処理場も―北京市(1/9)
《鳥インフル》ベトナムで13歳少女死亡、妹は感染《鳥インフル》ベトナムで13歳少女死亡、妹は感染(1/7)
鳥インフル死亡《鳥インフル》北京で初の死亡者-アヒルの内臓調理で感染の疑い(1/7)
韓国で鳥インフルエンザ発生!今シーズン2例目(1/5)
《鳥インフル》感染の乳児、感染地は深セン市と断定―香港(1/2)
《鳥インフル》生後2か月の赤ちゃんが感染―香港(12/31)
鳥インフルエンザ《鳥インフル》ベトナム北部で、ニワトリ4200羽処分(12/28)
鳥インフルエンザ《鳥インフル》元朗地区で大流行、9万羽を処分へ―香港(12/22)
鳥インフルエンザ《鳥インフル》高雄県で発生、1万羽処分損失額は9億円以上―台湾(12/22)
《鳥インフル》大量死のニワトリからは検出せず、感染製品販売疑惑を否定―江蘇省(12/20)
鳥インフル感染 今冬もアジア各地で拡大(12/18)

管理人Makoの独り言コラム

便利な対策セット商品

リンク(公共機関)

リンク(お役立ちサイト、ブログ)

ご訪問者数


 |  未分類 | 対策 | 抗ウイルス薬 | 新型インフルエンザとは? | 新型インフルエンザNEWS | 免疫力 | インフルエンザについて | 鳥インフルエンザ | 独り言コラム | マスク | ワクチン | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 新型インフルエンザ対策.com
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.